より多くの保護とケアを提供します
健康で楽しい生活
ホームページ / 全て / 関連商品 /

ハイドロコロイドドレッシングの使い方は?

ハイドロコロイドドレッシングの使い方は?

発表時間:2021/06/22

ハイドロコロイドドレッシングは、一般的に使用される創傷被覆材であり、創傷滲出液を効果的に吸収し、創傷の湿り気を維持し、肉芽組織および表皮の成長を促進することができます。

1. ハイドロコロイドドレッシングは、一般的に使用される臨床創傷ドレッシングです。主成分はカルボキシメチルセルロースナトリウム(CMC)合成エラストマーで、創傷滲出液を吸収し、創傷表面の湿り気と密閉性を維持し、それによって創傷に良好な治癒環境を提供します。静脈炎や表在性潰瘍の傷の予防と治療に使用できます。

2.さまざまな包帯の中で、ハイドロコロイドは滲出液の平均吸収能力を持っているため、滲出液が少ないまたは中程度の創傷にのみ使用でき、創傷は創面切除されている必要があり、創傷表面は清潔で脱落がなく、泥。また、ハイドロコロイドは表在性の傷にしか使用できず、深い傷は内側に届かないため、使用効果は比較的低い。

3. ハイドロコロイドドレッシングはシンプルで使いやすく、頻繁に交換する必要はありません。通常、3〜5日に1回交換します。このとき、包帯は滲出液を吸収しすぎて粘度が下がるので、外したときに痛みやけがをすることはありません。ただし、使用時間が短すぎて、包帯を無理に取り除くと、傷の周りの皮膚、特に新しい肉芽組織や繊細な表皮が損傷する場合は、特に注意する必要があります。

4. ハイドロコロイドドレッシングが滲出液を吸収した後、それはゲルに変わり、部分的に膨潤して白く見えます。したがって、使用中にドレッシングが滲出液を吸収する程度に注意してください。ホワイトニングエリアは、ドレッシングの端(1cmなど)に近づいたときに交換する必要があります。

5.慢性潰瘍創傷および静脈炎の治療では、 ハイドロコロイドドレッシングを取り外すときにハイドロコロイドドレッシングを無理に取り外さないでください。片手でドレッシングの片側を押し、もう一方の手でドレッシングを持ち上げながら、反対側にドレッシングをゆっくりと引っ張る必要があります。高齢者の皮膚は乾燥して壊れやすいため、ドレッシングの交換または取り外しには注意が必要です。

6.ハイドロコロイドドレッシングを使用できない特別な状況:嫌気性感染創、全層創傷、かさぶた創傷、深部創傷、糖尿病性足、死に続ける可能性のある創傷、および出血性創傷。このような場合は、代わりに生クリーム、風源ペースト、ガーゼ処理を使用してください。ヒドロゲルを使用して密封する必要がある場合は、指示に注意深く従う必要があります。

お問い合わせ
求める品の情報をご連絡ください
*Email
お名前
電話
*題名
*内容